伝わるコミュニケーション

優位感覚とコミュニケーション

ヒトの五感をコミュニケーションの特性で分けると3つあります。

 

そして、その特性によって得意な受け取り方も異なりますし、
多用する伝え方も違ってきます。

 

ただ、これは得手不得手の問題なので、
自分の方から相手に合わせてコミュニケーションをしていくことで
円滑な会話が実現できますので、

 

相手の特性を考えて、伝え方なども変えていけると
伝わる度合いも大きく変わってきます。

 

視覚

目で見ているようなイメージで受け取ったり、
そのイメージを言語化することが
得意な人がいます。

 

クリスマスシーズンなら、
綺麗なイルミネーションなどが印象に残りやすいでしょうね。

 

聴覚

音や聞こえてくる言葉を受け取りやすい
タイプの人がいます。

 

クリスマスシーズンなら
街中の音楽とかが印象に残りやすいのではないでしょうか。

 

身体感覚

身体の感覚として受け取ったり
様子を言葉にするのが得意な人がいます。

 

クリスマスシーズンなら
ケーキや七面鳥など食べ物の印象が残りやすいのでしょうかね。

 

コミュニケーションの機会が多いことが大切

伝える時には、相手から自分への信頼が大切になることがよくあります。
そこで考えるべきなのが、「単純接触効果」という理論です。

 

何度も会ったり、話したり、見たりすることで
その人やモノへの評価や好感度が高まっていく

 

という効果です。

 

 

ただし、あなた自身の負の側面が見えてしまうと
逆効果になる場合もあります。

 

なので、信頼関係を増幅させる方法として
頭に留めておくと良いでしょう。

 

感情に訴える

良いこと・正しいことと分かっていても、
それをなかなか行動に移せないということはよくあります。

 

良し悪し、善悪、正誤を判断するのは理性です。
つまり理性は行動とは繋がっていないのです。

 

 

では、何が行動に繋がるか。

 

それは感情です。だからこそ感情に訴えかける必要があります。

 

感情は欲求から生まれます。
欲求が満たせないと不快に、
欲求を満たすと快の感情を生みます。

 

 

なので、相手に伝えるには
まず相手の潜在的な欲求を探り、
そこにダイレクトに刺さるように
伝える必要があります。

関連ページ

相手の行動を変える
あなたの周りには変わってほしい人いませんか?それは相手のためかもしれませんし、自分のためかもしれません。相手に行動させる方法を教えます。